サポーター紹介

サポーター紹介|きょう さま(製薬会社 主任研究者)

メンタル本大賞初の読者とのコラボレーション!
このたびご協力いただいたのは、主任研究者として製薬会社に勤務されている、きょうさん

Twitter歴は1年少々ながら、フォロワー数はすでに1.1万人。
“心の悩み”の改善法を科学者目線で発信されています。誠実な人柄がにじみ出るツイート、わかりやすいメンタル本のイラスト図解に惹かれ、ラブコールを送ったところ、継続的にご協力いただける旨、快諾いただきました!

プロフィール

きょう
静岡県出身。大学院を卒業後、新卒で外資系製薬会社に入社し研究職として勤務。幼少期の家庭事情から心の問題にも強い関心がある。現在は、会社員として創薬研究に携わりつつSNSを用いた情報発信に取り組み、心身の健康に貢献する活動もしている。Twitterでは「科学的根拠に基づいたメンタルケア」を主に発信中。

Twitter(@kyoshirok1)

きょうさんからのメッセージ

患者さんの命に関わる、抗ガン剤の治験(新しい薬を人に使用した際の効果や安全性を調べて国の承認を得ること)の仕事に携わっている、きょうさん。今年から主任となり、常にプレッシャーのかかる環境で働いているそうです。

“心の悩み”に向き合おうと思った理由。
そのきっかけや原点はいったい何だったのでしょうか?

肉体と精神の両方の健康が伴ってこその健康、そして幸せ

製薬会社に入社して2年目のことでした。研修でガン患者の方に話をうかがう機会があったんです。患者さんがどれだけ不安な気持ちでいるのか。自分の病気の心配だけでなく、どれだけ家族に対して申し訳ないという思いを抱いているのかを思い知らされました。

衝撃でした……。

医療技術や薬は日進月歩で進化し続けていますが、患者さんの不安まではなかなか治せないんだなと思いました。

(きょうさん)

この経験をきっかけにきょうさんは、肉体の健康と精神の健康の両方が伴って初めて、本当の健康なのだと気づき、その両立を目指すことこそ最高の医療なのだと痛感。

それからは、専門書も含めたメンタルケアについて書かれた本をむさぼるように読み、自ら実践するようになったそうです。

僕はガン患者を助ける仕事に携わっていますが、僕と同年代の20~30代の方の死因トップは自殺。僕がいくら頑張っても、助けられる大半の人は40代以上のガン患者です。

自らの心身の健康のためにもなるし、メンタルケアのことを発信すれば、心に悩む人の手助けができるのではないかと思いました。

身体が元気でも、心が病んでしまったら幸せになれないと思います。だからこそ、身体と同じくらい心の健康も大切にしてほしいんです。

(きょうさん)

(参考情報)
令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省
第7表「死亡数・死亡率(人口10万対)、性・年齢(5歳階級)・死因順位別」によれば、年代別の死因第1位は、10~39歳は自殺、40~89歳は悪性新生物(腫瘍)と報告されています。

苦労を重ねた幼少時代

「人に恵まれた」と語るきょうさん。しかし、家庭環境は苦しいものだったそうです。貧しいという現実を受け入れて、夢をあきらめるべきなのか常に考えていたと明かします。

子供ながらに「自分は迷惑をかけないようにしないといけない」と常に周りを気遣いながら生きていました。昨今、取り上げられているHSP、「繊細」な気質もあり、相手にどう思われるかがいつも気になっていました。

母子家庭になってからも今を生きることで精一杯でした。

薬の研究者になることは子供のころからの夢だったんです。でも、大学を目指すどころか、高校の進学も難しかったです。大学院まで行かないと研究者にはなれないし、どうすれば自分の力でこの逆境を乗り越えられるのか。常に考えていました。

(きょうさん)

きょうさんからのメッセージ

僕の今までの人生で実感していることは、頑張っていれば必ず見ていてくれる人がいて、手を差し伸べてくれる人が必ず出てくるということでした。

ガンなどの重篤な身体の病気は、自らの力だけではどうすることもできず、患者の命を確実に削ってしまう面もあります。でも心の病気は違います。早期にメンタルケアをして治療をしたり、周りの理解やサポートがあれば前を向いて歩けるようになります。

一緒に心身の健康を手に入れて、自分らしく生きる方法を見つけませんか?

(きょうさん)

きょうさん、ありがとうございました!

きょうさんには、おもに「メンタル本」の図解紹介をしていただく予定です。
下記ツイートをご確認いただき、気に入ったらフォローを宜しくお願いいたします!

きょうさんの「メンタル本」セレクション

イラスト図解による作品紹介(出版社承諾済み)

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書
中島輝 著
SBクリエイティブ
2019年2月発売

掲載画像は、下記の図解サポーターの責任において作成され、Twitter上で投稿されたものです。発行元の出版社に確認の上でご紹介しておりますが、万一問題がございましたら、迅速に対応いたしますので、大変お手数ではございますが、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

その他のオススメ作品

*発売年月の新しい順

精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術
樺沢紫苑 著
あさ出版
2021年4月発売
ブレイン メンタル 強化大全
樺沢紫苑 著
サンクチュアリ出版
2020年9月発売
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。