ノミネート作品

『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』(メンタル本大賞2021 ノミネートNo.4)

メンタル本大賞2021
ノミネート作品 No.4

「ひとりで頑張る自分」を休ませる本
大嶋信頼 著
大和書房
2019年6月発売
判型・ページ数 四六判/224頁
著者の職業 心理カウンセラー
着眼点 いい人

実行委員会コメント

【メンタル本大賞2021】ノミネート選出コメント

著者は、FAP療法(不安からの解放プログラム)を開発した心理カウンセラー。
ポジティブさが生まれたら(元気なときには)、ネガティブさが生まれて(憂鬱な気持ちを抱かせて)、中和する「恒常性」という機能は、個人の体内のホルモンバランスに限らず、人間関係においても働くという。
自分が「いい人」をやめないと、相手の成長機会を奪って相手を不幸にしてしまう、といったメッセージは「いい人」でいることのデメリットとして読者に刺さる。
文字ものの本だが、平易な言葉で解説されているので読みやすい。
「いい人」をなかなかやめられずにいる人にオススメしたい作品。

【メンタル本大賞 2021】ノミネート作品一覧

作品紹介コンテンツ

書評

読者コメント

【メンタル本大賞2021】読者投票コメント

大嶋先生の本は、それ自体が心理療法の「スクリプト」になっており、理解できなくても、苦しい過去を掘り起こさなくても、いつの間にか知らないうちに癒されているのです。知らないうちに…なので、大嶋先生の本のおかげという事が分からない。本物のカウンセラーさんだと思います。(T.Sさん)

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。