書評

【書評】『生きづらいがラクになるゆるメンタル練習帳』(評者:實山美穂/書店員)

新潟県出身作家コーナーなど地元関連書籍の品揃えにも力を入れている文信堂書店 長岡店で文芸書・ビジネス書などを担当している 實山美穂さま(書店員) より書評をお届けします!

生きづらいがラクになるゆるメンタル練習帳
バク@精神科医 著
ダイヤモンド社
2021年8月発売

メンタル本大賞2022 エントリー作品

書評

情報過多な現代、「普通はこうあるべき」という常識の押し付けや、正義という名の暴力、他者と比べてしまいがちな生きづらい毎日。
自分がつらい時、周りの人が楽しそうだと余計につらくなってしまうもの。

ただ、楽しそうにしている人たちだって、悩みがないわけではありませんよね。
そう見える人たちは、社会に溶け込む方法を知っているだけなんです。

そんな溶け込む方法をこの本はわかりやすく教えてくれます。

例えば、「でも」「だって」「どうせ」を止めてみる、はすぐにでもできますし、脳内に別人格をインストールする、も面白いです。
著者が生きづらい要因をもっている人だからこそ、説得力あるものだと思いました。

自分を知り、自分を認め、自分を褒め、自分を許して、自分のために生きる。
この一冊を読み終えたとき、価値観が変わるかもしれませんね。

評者プロフィール


實山美穂(じつやま・みほ)
大学で心理学などを専攻し、卒業後、文信堂書店に入社。文芸書・ビジネス書他担当。文芸書担当を機に本屋大賞エントリー店となり、新書担当を機に新書大賞の投票に参加し、興味の赴くまま御書印プロジェクトにも参加。基本、本を読んで猫と遊んでいれば満足。

公式サイト・SNS
文信堂書店長岡店 Twitterアカウント(@bunshindo_n)
note|御書印プロジェクト(公式)

實山美穂さまからのメンタル本大賞へのメッセージ・推薦作品はこちら
(書評一覧はこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。