平光源

【書評】『「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ』(評者:平光源/精神科医)

メンタル本大賞2021【選考委員MVP賞】に輝いた平光源さま(精神科医)より書評をお届けします!

「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ
河出書房新社 編
河出書房新社
2020年11月発売

メンタル本大賞2022 エントリー作品

書評

平光源の書評シリーズ。
今回は『「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ』(河出書房新社)です。

いつもは良いところを3つに分けて解説しますが、今回は感情をとても揺さぶられたので、気持ちの赴くままに感想を書いてみたいと思います。

この本は辛い気持ちにそっと寄り添うために、25人の方から様々なメッセージをもらう形で本が成り立っています。

アイドルだったり作家だったり精神科の先生だったりと、様々な職業の方が「死にたい」ということに対してのテーマで文章を綴ってくれていて内容もさまざまで、人によって言っている内容が違っていることもありました。

ただ1つ共通しているのは、「死にたい」と言う思いを決して否定していないこと。

そこにはしたり顔で、「死んではダメだ」と否定する人も、「あなたが辛いのなら私の愛で助けたい」と偽善者もいませんでした。

みんな心のどこかで、「死にたい」と思ってしまうぐらい行きづらい世の中が存在すること。
そしてその中で、なんとかその思いを抱えながらなんとか生きている人が、少なくとも25人はいることがわかります。

また、人の好みは千差万別ですし、その日の気分や精神状態によって同じ人でも刺さり方が違うはず。
25色の色鉛筆があれば、どれかお気に入りの1本が見つかるのかもしれません。

死への気持ちを否定せず、優しくゆっくりと今この瞬間にそっと隣にいてくれる。
そんな、優しい優しい本でとっても感動いたしました。

書いていただいた25名の先生、素晴らしい作品をありがとうございました。

評者プロフィール

メンタル本大賞2021 選考委員MVP賞
平光源(たいら・こうげん)

東北地方でクリニックを開業している開業医。
高校時代、自分の不登校によって医学部受験に失敗。
3年浪人してうつになり、ある本がきっかけでうつから回復した経験をふまえて、約20年精神科医として心のケアに当たる。
支援学校学校医、老健施設往診医、いのちの電話相談医、傾聴の会顧問など、その活動は多岐にわたる。
精神保健指定医、精神科専門医、日本医師会認定産業医。

あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから
平光源 著
サンマーク出版
2021年4月発売

公式サイト・SNS
平光源WEBサイト(総合案内)
Twitter
YouTube

平光源さまからのメンタル本大賞へのメッセージ・推薦作品はこちら
(書評一覧はこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。