出版社メッセージ

【PART1】Special Thanks!ライツ社さま(メンタル本大賞2021 特別賞インタビュー)

【メンタル本大賞2021】の<特別賞>を『明るい出版業界紙』(WEBメディア)の発行元のライツ社さまに贈りました!

実行委員会より<特別賞>授与コメント

「メンタル本大賞の活動はあまり求められていないのではないか……」

活動を開始した当初は、このように悲観的に考えてしまうことも少なくありませんでした。

なぜなら、協力者がなかなか現われず、手ごたえのない日々が続いていたからです。

『明るい出版業界紙』のインタビューは、私たちにとっては初のメディア取材でした。

このインタビュー記事によって、私たちの気持ちがどれだけ救われたことか……。

ライツ社さまには、メンタル本大賞創設への想いやビジョンについて、大変丁寧にお伝えいただき、沈んでいた私たちの気持ちを明るく照らしてくださいました。

まさに、当時の私たちにとっての “希望の光” でした。

未熟な私たちの活動を取り上げてくださったことに、改めてお礼を申し上げます。

ライツ社の皆さま、本当にありがとうございました!

|1|2345

「ライツ社」ってどんな会社?

まず初めに、ライツ社のあるツイートをご紹介します。


いかがでしょうか?
このツイートに限らず、ライツ社はことあるごとに「〇〇やで~」とつぶやいています(笑)

この飾らない、人間クサい感じ。
関西人でなくても、なぜか懐かしい気持ちになりませんか?

大半の出版社は東京にあると言われていますが、ライツ社は兵庫県明石市で本づくりを営んでいる珍しい出版社。そして

「海とタコと本のまち」の出版社

を標榜しています。

このような看板を掲げるあたりに、人情味があふれている。
そんな感じがします。

ライツ社の作品

「ライツ社」という名前には聞き覚えがなくても、こちらの作品をご存じの方は多いのではないでしょうか。

認知症世界の歩き方
筧裕介 著、認知症未来共創ハブ 監修
ライツ社
2021年9月発売
マイノリティデザイン
澤田智洋 著
ライツ社
2021年1月発売
リュウジ式 悪魔のレシピ
リュウジ 著
ライツ社
2019年11月発売
売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放
中村朱美 著
ライツ社
2019年6月発売
認知症世界の歩き方 9刷/9万部 2021/11/24 時点
マイノリティデザイン 5刷/1.95万部 2021/06/23 時点
リュウジ式 悪魔のレシピ 20刷/22.3万部 2020/12/24 時点
売上を、減らそう。 10刷/5.9万部 2021/02/26 時点

刷数・部数の情報はライツ社ホームページより転記(2021年12月7日時点)。ライツ社の書籍一覧はこちら

ライツ社の創業は2016年9月。
社員数はわずか6名。

今年5周年を迎えたばかりのまだ若い会社ですが、すでに30点以上の作品を世に出しています。

華々しい実績

多岐に渡るジャンルやテーマ、重版実績もさることながら、特筆すべきは、複数の賞コンテストで優秀な評価を得ていることです。

『売上を、減らそう。』は、読者が選ぶビジネス書グランプリ2020でイノベーション部門賞。総合順位は第2位!

『リュウジ式 悪魔のレシピ』は、第7回料理レシピ本大賞【料理部門・大賞】を受賞(2020年)!

後ほど詳しく触れますが、ライツ社が本づくりにおいて大切にしていること。
それが実った結果なのだと思います。

業績も堅調

営業責任者の髙野さんは、5期目の決算を次のように振り返っています。

ライツ社の第5期決算(2020年9月~21年8月)は、総売上高1億9810万円(前年同期比14.4%減)、経常利益4699万円(同21.7%増)、当期純利益3203万円(同15.7%増)を計上し、減収増益となった。(中略)

同社はスタッフを増員するごとに、売上目標額を上げる方針で、第5期に関しては、目標を1億4000万円に設定していた。

代表取締役で営業責任者の髙野翔社長は、「社員6人に満足のいく給与を支給できることが目標。今回、その目標を上回る売上を達成することができた」と結果を振り返る。

出典:2021年12月3日付『文化通信』ニュース記事「【決算】ライツ社 第5期は純利益増で堅調」*会員限定記事

減収とは言え、売上実績は目標の1億4000万円に対して、1億9810万円。
当期純利益は3203万円(前年比15.7%増)という実績。

同社初となる絵本や児童書の刊行予定についても明かしており、今後の展開が非常に楽しみな出版社です。

経営や業績のことは他メディアに委ねるとして……。

私たち実行委員会メンバーが惚れ込んでいるのは、ライツ社の「人」や「想い」の部分です。

(写真:上)ライツ社 大塚啓志郎さん
[聞き手]メンタル本大賞実行委員 成瀬俊昭・細貝しょう

このたび、編集長として数々のヒット作品を生み出し続けている、大塚啓志郎さんにお話を伺うことができました。

ライツ社、そして大塚さんの本づくりへの想いや魅力を<5日連続>でお届けしますのでお楽しみに!

PART2 につづく
(3つの「ライト」。ライツ社という社名の素敵な由来)

|1|2345

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。