書評

【書評】『セルフケアの道具箱』(評者:實山美穂/書店員)

新潟県出身作家コーナーなど地元関連書籍の品揃えにも力を入れている文信堂書店 長岡店で文芸書・ビジネス書などを担当している 實山美穂さま(書店員) より書評をお届けします!

セルフケアの道具箱
伊藤絵美 著/細川貂々 イラスト
晶文社
2020年7月発売

書評

一見すると分厚い本ですが、今つらいという人は、“はじめに” だけでも読んでください。
そして第1章と第2章のワークをそれぞれ3つずつ取り組んでみましょう。

ひとつひとつはお金もかからず、すぐにできる簡単なワークばかりです。

少し余裕がでてきたら、第3章以降を読んでみてください。
いきなり全部を読む必要はありません。

私自身は、第1章、第2章それぞれで実際にやっていること、経験済みのワークがあることに思い至りました。

同じように思う人もいるでしょう。
そんな人は第3章以降も読み進めながら実際にやってみましょう。
いつかの時に役立つかもしれません。

この本は、読んで終わりではなく、すぐに手が届く場所において、繰り返し実践してみるというワークブックです。
そして、ストレスとうまくつきあい、セルフケアの上手な生活を送れるようになりましょう。
そんな生活が、カウンセリングを受けずに、1冊の本で実現するならお得だと思いませんか?

評者プロフィール


實山美穂(じつやま・みほ)
大学で心理学などを専攻し、卒業後、文信堂書店に入社。文芸書・ビジネス書他担当。文芸書担当を機に本屋大賞エントリー店となり、新書担当を機に新書大賞の投票に参加し、興味の赴くまま御書印プロジェクトにも参加。基本、本を読んで猫と遊んでいれば満足。

公式サイト・SNS
文信堂書店長岡店 Twitterアカウント(@bunshindo_n)
note|御書印プロジェクト(公式)

實山美穂さまからのメンタル本大賞へのメッセージ・推薦作品はこちら
(書評一覧はこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。