ノミネート作品

『メンタル・クエスト 心のHPが0になりそうな自分をラクにする本』(メンタル本大賞2021 ノミネートNo.11)

メンタル本大賞2021
ノミネート作品 No.11

メンタル・クエスト 心のHPが0になりそうな自分をラクにする本
鈴木裕介 著
大和出版
2020年4月発売
判型・ページ数 四六判/272頁
著者の職業 内科医・心療内科医・産業医
着眼点 コンセプト

実行委員会コメント

【メンタル本大賞2021】ノミネート選出コメント

著者はゲームを心から愛し、メンタルヘルスをライフワークにしている内科医。
人生をゲームの「クエスト」と称して、生きづらさのメカニズム、行動・思考パターン、対処法をゲームに出てくる「キャラ」や「アイテム」などの言葉に置き換えて解説している。
文字ものの本で少しページも多めだが、堅苦しさを感じない内容で、特にRPGゲームを楽しんだ経験のある人には読みやすい。
「人生ハードモード」に陥っている、日常生活に理不尽さを感じている人にオススメしたい作品。

【メンタル本大賞 2021】ノミネート作品一覧

作品紹介コンテンツ

書評

読者コメント

【メンタル本大賞2021】読者投票コメント

生きづらさをRPGに例えて解説してからわかりやすい。その上内容はとても本格的。著者の鈴木先生は身近な方の自死という経験を経てもなおメンタルヘルスをライフワークにされ、単に知識を並べ立てるのではなく先生の人生観や、多数の臨床経験に基づく参考にしやすい考え方がやさしく語られている。(はるかさん)

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。