ノミネート作品

『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(メンタル本大賞2021 ノミネートNo.5)

メンタル本大賞2021
ノミネート作品 No.5

職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全
井上智介 著
大和出版
2019年8月発売
判型・ページ数 四六判/256頁
著者の職業 産業医・精神科医
着眼点 職場/メッセージ性

実行委員会コメント

【メンタル本大賞2021】ノミネート選出コメント

著者は、毎月約30社を訪問して多くの職場に接している産業医・精神科医。
仕事を押しつけられそうな時の対処法、相談や断るときに有効なトーク例など、仕事の現場の身近な事例を取り上げて、具体的な解決策を示している。
文字ものの本だが、親身に寄り添う感じのやさしい文体で、著者の人柄を感じる。
「逃げていい」、「人生は60点で合格」、「大ざっぱに笑って(rough・laughに)生きていこう」といったメッセージは共感を呼ぶ。
タイトル通り、職場でしんどい気持ちになっている人にオススメしたい作品。

【メンタル本大賞 2021】ノミネート作品一覧

作品紹介コンテンツ

インタビュー

書評

内容図解

読者コメント

【メンタル本大賞2021】読者投票コメント

職場での、と銘打ってありますが、主婦のかたや家庭内などでも応用して考えられるので、とても心がラクになれました。今まで気にもとめていなかったことが、実は意識して行うべきものなのだと教えてもらいました。とても救われた1冊となりました。(くままさん)

自分以外にも悩んだり、気にしてる人がいっぱいいるんだなって安心しました。(あざらしさん)

人生観を変えてくれた本。(世界さん)

とてもためになった(小上しょう吉さん)

この本を読んで助けられました。(ちえ。さん)

今の時代ストレス社会ですがこの本を読んで、考え方変えるだけで気持ちが楽になったので投票させていただきました。(sora11さん)

とっても心が楽になりました。(風華さん)

職場でのストレスに対応するための具体的なノウハウが書かれています。ノウハウ通りに行動したら気が楽になりました。(コーンさん)

〈自分の合格点を60点にしてみる〉という視点に目からウロコが落ちた本です。とにかく読者に寄り添って語りかけてくれるような井上先生の優しさがたくさん詰まった1冊です。職場で今、パワハラにあっている人にも実践するとすぐに効果が分かるものばかりです。ついついやりがちな「躁的防御(マニックディフェンサー)をする人から距離をとろう!」とありますが、誰しもやりがちなことだということを忘れてはならないということです。この本をすべての人に読んでもらうことで、この世界のメンタルヘルスが底上げされることは間違いないと想います。今日も井上先生の本を新たに県内の図書館に置いてもらえるようにリクエストして来ました。井上先生の本は貸出中率がとても高いです。メンタルヘルス本大賞にぴったりの1冊だと思います(*´ω`*)(ゆうこさん)

この本を読んで、「そういう見方もあるんだな」と勉強になったからです。(りょーこさん)

やさしくて読みやすかったです。他のも読みましたが、こちらが1番わかりやすかったです。(まりりんさん)

井上智介先生の本は、とにかく患者さん目線に合わせて色々と書いてくださってるところがオススメです。頷きポイントがたくさんあります。それプラス、紙質・紙色・行間・アンダーラインなどに拘ってあって、読む人の目にも手にも優しい本になっています。(たんたんさん)

本当にツラい時、藁にもすがるような思いで手に取ったのは、このタイトルだったから。ツラい時は、本を読めないことも多いと思います。私は、お守りのように、この本を持って出勤していました。著者である井上先生のラフを取り入れて、少しずつ肩の力が抜けたように思います。(Dodocoさん)

参考になりそうだからぜひよんでほしい。(チエチエさん)

人生60%の力で楽笑(らふ)に生きる方法が解りやすく書いてあります。どこの職場も人間関係って大変だけど、この本を読むと元気が出て、仕事へ行くのがラクになります。頑張りすぎなくてもいいよって言うメッセージ。(ジャスミンティーさん)

読んだら職場の景色が変わって見える一冊です。新たな武器を手にいれた気持ちになり、自分が少し強くなったような気分になりました。 日々起こることで悩み、心身ともに消耗して生きていたけど、前向きに、そしてラフに構えて進めるようになりました。(たいやきこさん)

難しい言葉なんて要らない。寄り添ってくれる理解してくれる提案してくれる、そんな良書です!(tomato0417さん)

ツィッターブログと著者の意見を拝見していますが、私には、とても相性が良く心が軽くなります。(ヴァンデンバーグさん)

読んでいて、心が休まるから(みけさん)

仕事がしんどく、誰にもSOSを出せずにいた私に人生において会社や仕事が全てではないという事 自分の気持ちを大切にするという事 少しでもラクにそしてラフに生きられるヒントを教えてくださりました “医師という役割にばかり縛られずに人としての自分らしさを失わない大切さ”をもってくれている素敵な先生です。(3本桜さん)

今まで悩んできたしんどい事を抱え込ますに居られるように分かりやすく書いてある本の内容、また著者の人柄もあり悩みが読む事に楽になります。もっと、早くに知りたかった!って思うぐらいこの本に出会えて今は凄く楽です!(DONさん)

井上先生のTwitter発信に惹かれ、フォローさせて頂いてからこの書籍を知りました。まさに先生のご活動の原点がしっかりと読み込める1冊です。『健やかに楽に生きるコツ』の1つ1つが斬新であり、実践すればするほど、心身が軽やかになれています。(Tomomoさん)

しんどい状態でも読みやすい。(とてとてさん)

うつで休職する事となり、楽しさや嬉しさを全く感じられなくなっている時、井上智介先生のTwitterに偶然出逢いました。先生の紡ぐ言葉は柔らかく優しさに溢れています。こんな先生の書く本なら、活字を読むのが苦手な私でも読めるかもしれない……。と、予約購入しました。優しく語りかけるような温かな内容、文章に涙しながら1時間半かけて最後まで読了しました。タイトルに「職場の」と打ってありますが、生きるのにしんどさを感じた時のヒントが詰め込まれています。なんかしんどい……そんな時目次を見て気になるページを開いてみてください。しんどさを軽くするヒントが多角的に盛り込まれています。いつも頑張りすぎてしまう方へオススメしたい1冊です!(なおさんさん)

 

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。