書評

【書評】『今日こそ自分を甘やかす』(評者:めんた/作業療法士)

Twitterやnoteなどでストレス対策や「こころが軽くなる本」を医療従事者視点で紹介しているめんたさまより書評をお届けします!

今日こそ自分を甘やかす
根本裕幸 著
大和書房
2021年12月発売

メンタル本大賞2022 エントリー作品

書評

突然ですが、あなたは自分に厳しいですか?甘いですか?

もし答えが前者なら、ぜひ本書を読んでみて欲しいです。

私は、幼少期に祖母から

「人に迷惑をかけない人になりなさい」

というしつけを受けていました。

このおかげで「しっかりもの」と褒めてもらえることも少なくありませんでした。

しかし、その反面で人の目を気にしすぎてしまって疲れてしまうことがよくあります。

新卒の頃は「早く一人前になりたい」と1人で何でもこなそうとして、業務を抱え込む傾向がありました。

遅くまで残業することも多く、心身が疲れ切ってしまうことも…。

今では(同僚にも恵まれたおかげで)業務を抱え込むことはなくなりましたが、当時の自分に届けたい一文があります。

誰かに頼りたい自分を厳しく否定してきて、誰かに甘える人を嫌ってきたのですから無理もありません。

だから、まずは「頼っていい、お願いしてもいい、甘えてもいい」という許可を自分に出す必要があります。

出典:『今日こそ自分を甘やかす』根本裕幸 著/大和書房(p192)

当時は、まさか人を頼れない理由が自分で自分を否定してきたからだなんて思ってもいませんでした。

早く本書と出逢いたかったと思わされた一文でした。

本書は頼ることや甘えることが苦手で疲れてしまう人が、心を軽くできる1冊だと思います。

挿絵などはなくシンプルなデザインですが、会話しているような感覚で読みやすい文章なので、読書が苦手な人にもおすすめです。

評者プロフィール

めんた
埼玉県出身。大学を卒業後、新卒で某医療法人に作業療法士として勤務。リハビリテーションに従事している。約10年の臨床経験から、病気を未然に防ぐ必要性を実感。万病のもとになり得る“ストレス”への学びを深めるために、ケアストレスカウンセラーを取得。現在はSNSを用いて「根拠のあるストレス対策」の情報発信に取り組んでいる。

公式サイト・SNS
めんた|本紹介マガジン
Twitter(@mental_ot)

めんたさまからのメンタル本大賞へのメッセージ・推薦作品はこちら
(書評一覧はこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させいただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。