一條仁 PR

【書評】『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』(評者:一條仁/社会福祉士)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本業の傍ら、恩送りをカタチにした「ペイフォワードカフェ」という取り組みを行っている一條仁さまより書評をお届けします!

「メンタル本大賞®2023」エントリー作品

『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』時田ひさ子 著(あさ出版) かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方
時田ひさ子 著
あさ出版
2022年5月発売

書評

『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』(時田ひさ子 著/あさ出版)について書いていきたいと思います。

本著の中で印象に残った3つのことばを紹介した後に、本著全体の感想を書きたいと思います。

「やりたいこと」を達成するために、休みや怠けも必要

「やりたいこと」を達成するために、休みや怠けも必要なのです。
かくれ繊細さんは、休むことを「ダメなこと」「悪いこと」として罪悪感を抱きがちなので、自分のペースに合った休みができなくなり、やりたいことができなくなっているのかもしれません。

出典:『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』時田ひさ子 著/あさ出版(77ページ)

何かを行うエネルギーが人と異なるのがかくれ繊細さんの特徴と紹介する部分での一言です。

休みが必要なことを、シェイクスピアや村上春樹といった著名人の言葉を引用しながら伝えてくれています。

唐突に無気力になってしまうこと。
それ自体に負い目を感じる必要はないよ、と説得力を持って伝えてくれます。

「いい人」でいること、人に悪感情を持たないでいることは、「やりたいことがわかること」を妨げてしまう

まわりを気にして自分のやりたいことを引っ込め続けていると、それが常態化して、自分が何をしたいのか、本当のところがわからなくなります。
「いい人」でいること、人に悪感情を持たないでいることは、「やりたいことがわかること」を妨げてしまうのです。

出典:『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』時田ひさ子 著/あさ出版(128ページ)

無意識にいい人になってしまう。
自分が傷つきたくないから。
嫌われたくないから。

そうして自分を押し殺すことが、自分が本来やりたいことがなんなのかをわからなくさせてしまうことにつながると本著は伝えています。

いい人であろうとする自分を認め、時には自分のやりたいことのために、自分をわかろうとする努力が大切なのだと感じました。

「めんどくさい」は、本当に言いたいこと、本当に感じていることの代わりに使われることが多い言葉

「めんどくさい」は、本当に言いたいこと、本当に感じていることの代わりに使われることが多い言葉です。
何かに反論したいのにできないときや、文句があるのにどんな文句があるのか自分でわかっていないときに湧き上がってくるのが、「めんどくさい」です。

出典:『かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方』時田ひさ子 著/あさ出版(217ページ)

つい言いがちな「めんどくさい」。
使いやすい言葉です。
自分も、考えるのもやるのも大変だと思うとついつい言ってしまいます。

この文章を読んだ時、「自分はなんでめんどくさいと思ったんだろう?」と問いかけるといいのかなと思いました。

その答えがもしかしたらやりたいことにつながるのかもしれません。

まとめ

本著は、かくれ繊細さんの特徴を挙げた上で、その人向けの「やりたいこと」の見つけ方を紹介しています。

かくれ繊細さんとして挙げられる特徴、どこかしら共感できるところがあると思います。
漠然と生きづらさを抱える方向けに、自分のやりたいことはなんだろう?と考えるのにきっかけを与えてくれる本ではないかと感じました。

評者プロフィール

メンタル本大賞 選考委員:一條仁さん(社会福祉士)
一條仁(いちじょう・ひとし)
福島県出身。2015年福島大学卒業、2017年同大学院中退。在学中は震災復興支援活動に尽力。福祉系NPOでボランティアをしたことをきっかけに、障がい者就労支援事業所に就職。海外研修で豪・シドニーに滞在し、オーストラリア福祉を学ぶ。帰国後、福祉ベンチャー企業に転職。「支援者支援」に着目し、福祉人財の育成・採用業務等に関わる。現在はIT企業にて障がい者雇用専門人事として従事。複業として、善意の循環をカタチにした「ペイフォワードカフェ」の開催や教育機関等での講演活動を行う。「思いやりを広げる人を増やす」を自身のミッションとして実践を重ねている。

公式サイト・SNS
Twitterアカウント(@fukushima_swlab)
ふくしまソーシャルワークラボ

一條仁さまからのメンタル本大賞へのメッセージはこちら
(書評一覧はこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。