成瀬俊昭

【PART2】心理カウンセラー 弥永英晃という人間①

実行委員の弥永英晃が作家として手がけた絵本『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』(インプレス)が6月24日に発売となります。

発売を記念して、10回にわたってお送りする、カウントダウン連載コラム!

発売まで あと6日 !!

1|2|345678910

【PART2】心理カウンセラー 弥永英晃という人間①

元精神科看護師。心療内科・精神科・思春期外来の病院カウンセラーを経て独立。カウンセリング学博士・心理カウンセラーであり作家。

私は今まで、このような経歴の人物に出会ったことはありません。
弥永英晃というひとりの人間を除いては……。

精一杯の愛情表現

「幼少期はそんなにおとなしい子どもではなく、どこにでもいる田舎のわんぱく少年だった」

福岡県で生まれた弥永は、こう振り返ります。

「今では温厚になり、当時は優秀な子どもに育って欲しい、という父親なりの精一杯の愛情表現だった」と前置きしつつ

― 勉強でもスポーツでもなんでも一番になれ!他人に負けるな!競争に勝て!そうすれば自分が大人になって幸せになれる!

― テストの点数が99点ではダメ、100点でないと価値がない!クラスで一番でないと意味がない!

このように父親から言われ続けたと語り

「達成できないと怒鳴られ、叩かれ、蹴られ、物を投げつけられる日々を送った」と幼少時代の恐怖体験を明かしてくれました。

人を救うことの素晴らしさ

「自分はいい点数を取れないからダメな人間なんだ。価値がないんだ。そんな自分はダメなんだ。愛してもらう価値がない人間なんだ。できないと叩かれるんだ」

と常に感じていた弥永少年。

幼少期に心に深い傷(トラウマ)を負ってしまっていた、と気づいたのは大人になってからでした。

度重なる父親からの暴言・暴力に対して、止めに入ってくれた母親は、産婦人科の看護師。
人を救う仕事の素晴らしさを聞かされて育った弥永少年は、しだいに

「勉強のできない価値のない自分でも、人の役に立てる仕事ができるかもしれない」

と考えて、母親と同じ道を志すようになります。

そして努力の末に、晴れて看護師となった弥永。

しかし、10年ほどのキャリアを積み上げていたある日、弥永の人生を一変させる事件が起きてしまうのでした。

PART3 につづく
『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』紹介 はこちら
1|2|345678910

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。