コラム

『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』紹介②

実行委員の弥永英晃が作家として手がけた絵本『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』(インプレス)が6月24日に発売となります。

カウントダウン連載コラム

123456789|10|

おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ
弥永英晃 著/いなとめまきこ イラスト
インプレス
2021年6月発売

著者:弥永英晃(やながひであき)

プロフィール

大分県大分市在住。 カウンセリング学博士、心理カウンセラー、看護師、作家。「メンタル本大賞」実行委員。
絵本『スグ効くおやすみ絵本 子猫のクウ ねむり城への大冒険』(東邦出版)が4万部のベストセラーになる。
2019年にハウスウェルネスフーズ「ネルノダ」の「おやすみ絵本朗読コンペ」で選抜され、歌手・声優の「水樹奈々」、声優の「梶裕貴」の朗読による全国のローソン限定「ネルノダ」朗読オーディオブックが配信された。
医師・医学博士の推薦もあり、台湾でも翻訳され、海外で小児科医を含む専門家から「科学的な絵本」と高い評価を受けた。
著書に『症状改善率98%のカリスマ心理カウンセラーが明かす パニック障害の不安がスーッと消え去る17の方法』『「脳科学×心理学」で自己肯定感を高める方法』(共に大和出版)、『症状改善率98%の心理カウンセラーが明かす 薬に頼らずうつを治す28の方法』(コスミック出版)をはじめ、実用書、CDブック、絵本、小説、漫画化作品など多数ある。
著者累計15万部を超え、韓国、台湾、中国で4冊海外翻訳されるなど、国際的にも高い評価を得ている。

HP:https://www.innervolce.com/
Blog:https://ameblo.jp/ok7good/
Twitter:@risingsans

メッセージ

『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』は奇跡と想いで出来ている!

この絵本は、4万部ベストセラーの2018年発行『スグ効くおやすみ絵本 子猫のクウ ねむり城への大冒険』(東邦出版)の増強改訂版になります。
より強力に、ねむくなるように加筆しています。

編集者の方をはじめ、東邦出版の皆さんには大変お世話になり、感謝しています。
しかし、経営悪化による民事再生法の申請により、クウを読者の皆さんにお届けすることができなくなってしまい、心残りとやるせない残念な想いを抱いていたのは確かです。

増強改訂版の発売にあたって

この絵本をいつか復活させて世に出したい!

そう強く思っていました。
本とは著者の魂が宿る、男が出来る唯一の出産であり、愛する子供です。
そのまま放置できるはずがありません。
手をかけて愛情かけて生み出したからです。

それから二年の月日が経過しました。

たまたま書店さんで一冊の絵本に出会いました。

坂上忍さんと野生爆弾のくっきー!さんが手がけた『リクはよわくない』、インプレスの本田拓也さんが担当した一冊の絵本です(2021年秋 アニメ映画公開決定)。

僕はすぐに本田さんに連絡を取りました。
想いを伝えたのです。

本田さんは、さっそく自分のお子さんに朗読していただいて、眠ってしまったことから

「是非、世に出しましょう!」

とおっしゃってくださり、クウは新しく生まれ変わるチャンスをいただきました。

前作の実績

約1年間に渡り、細かく丁寧に、そして時間をかけてじっくりと作ったおやすみ絵本として、世界でもここまでのレベルの絵本はないと自負しています。

科学的にも国際的に認められたからです。

ハウスウェルネスフーズが販売する、睡眠の質を向上する機能性表示食品「ネルノダ」(テレビCMは俳優の遠藤憲一)のローソン限定朗読キャンペーン(2019年11月12日-11月25日)において、快眠オーディオブックの朗読絵本に選出されました。

そして、その朗読を人気声優・歌手の『水樹奈々』さんと声優の『梶裕貴』さんが担当するという幸運が続きました。

翻訳された台湾版では、台灣東販から発売された『好想睡,好想睡…:睡覺城堡大冒險』『スグ効くおやすみ絵本 子猫のクウねむり城への大冒険』に、医学博士、児童大学教授、児童専門家・小児科医・臨床心理士・助産師・小児科看護師・台湾親子ベストセラー作家を含む台湾の著名人8名が「科学的なねむりの絵本である」と台湾版に総合推薦していただきました。

新しいクウに込めた想い

本来であるならば、クウは二度世の中に生まれて来れる絵本ではありませんでした。

いなとめまきこさんによって描かれた世界観で、ぜひ新しいクウを読んでみてください。

二度目の命の産声をあげた奇跡の絵本です。

絵本はただのモノなんかではありません。
読んでもらったという温かい優しい親子の時間の体験です。

どうか、この絵本で日本中の親子が幸せになり、その幸せが世代を超え読み継がれていくことを著者として心より願っています。

弥永英晃

絵:いなとめまきこ

プロフィール

フリーランスの水彩画家・イラストレーター。四季折々の風景と動物たちをモチーフに、優しいタッチでメルヘンの世界を描く。児童書等の出版物の挿絵や、洋菓子店のパッケージのイラストなどを手がける他、オリジナルのカレンダーやグッズの制作販売もしている。書籍『名作なるほどガイド ハイジの贈りもの』(いのちのことば社)、絵本『あかんくない』(ぶどう社)ではイラストを担当。2019年公開のプリキュアシリーズ『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』ではイメージビジュアルを担当した。

HP:https://www.makiko-inatome.com/
Instagram:makiko.inatome
Twitter:@IllustratorMaki

メッセージ

おかあさん猫のローザと、子猫のクウの静かなおしゃべりからこのやさしい物語ははじまります。

著者、弥永英晃先生の「ねむりの王国のクウ」を初めて目にした時から、この物語の虜になっていました。

私もクウと一緒にねむりの王国を旅する気持ちで絵を描こうと心に決めました。

そして、未来にこの絵本を手にして下さる読者の皆様に“絵”からも優しさや、あたたかさ、心地よさをたくさんお届けできたら…と、想いを筆に込めました。

時にはローザおかあさんのクウを見つめる目線で、時には童心に帰り、子猫のクウの目線で不思議やワクワクを感じて、時には王国を吹くそよ風になって空からクウたちを眺めて見るのも良いのかもしれません。

この絵本を枕元に置いて、たくさんの読者様が心地よい眠りについてくださる日が来ることを夢見ています。

最後にこの素敵なご縁を繋げてくださったインプレス副編集長の本田拓也さんはじめ、編集部の皆様に心より感謝申し上げます。

そして、弥永英晃先生のあたたかなお人柄、いただいたメッセージに深く心を打たれました。

「ねむりの王国のクウ」の絵を描かせていただいたことは、私の人生の宝物です。

本当にありがとうございました。

いなとめまきこ

副編集長 本田拓也(インプレス)よりメッセージ

このたび、心理カウンセラー・弥永英晃さんと、イラストレーター・いなとめまきこさんと一緒に「おやすみ絵本」を制作させていただきました。

声優・水樹奈々さんには帯の推薦文を書いていただいております。

一人でも多くの方の「安眠」をお手伝いできますように。
「眠り」への悩みが少しでも解消しますように。

そんな願いが込められた一冊です。たくさんの方に手に取っていただけましたら幸いです。

本田拓也(インプレス 副編集長)

『おやすみ絵本 ねむりの王国のクウ』紹介① に戻る
123456789|10|

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。