書評

【書評】『がんばらなくても死なない』(評者:加藤隆行/心理カウンセラー)

加藤隆行さま(心理カウンセラー)より、ノミネート作品の書評をお届けします!
(書評一覧はこちら

がんばらなくても死なない
竹内絢香 著
KADOKAWA
2020年7月発売

<メンタル本大賞実行委員会より>
加藤隆行さまは、「メンタル本大賞2021」ノミネート作品『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』(小学館クリエイティブ)の著者ですが、このたび実行委員会の活動にご賛同いただき、書評を寄稿いただけることとなりました。心よりお礼申し上げます。

※加藤さまは、ノミネート作品の選考には携わりません。

書評

「疲れた心が楽になる本」を選出する【メンタル本大賞 2021】のノミネート作品から読みたいものをピックアップして感想を述べます。

【もうがんばれない!という人へ】

「24時間働けますか」というCMが日本を席巻したのは1988年、ちょうど昭和の終わり。

あれからすでに元号は2度変わり、労働基準法の改定や、企業へのメンタルヘルスチェックの導入など、昔のように「とにかくがんばる」「がんばりが美徳」という時代は“物理的”には終わりを告げ始めました。

しかし社会にはまだまだその風潮は残り続けています。

なぜならば「24時間働いてきた最後の世代」が親や先生となり、その価値観を教育され引き継いできた子供たちが、いままさに社会のメインストリームで働いているからです。

たぶんこの本の著者竹内さんも、そんな世代。

がんばりすぎOLから、夢であった漫画家へと転身。
ひとりで気楽に働ける環境に身を置いてもみても、がんばりがやめられない。

サラリと読めるお気軽なマンガでありながらも、そんな時代の根深さみたいなものを感じました。

自分を取り戻していく過程の“あるある”が満載

がんばれていない自分に罪悪感を感じ、無理して働いてはグッタリしてしまう。
人と比較しては自信をなくし、自己嫌悪で動けなってしまう。

そんな状態だった著者さんが、

「なんだ、そんな無理しなくてよかったんだ」

と自分を取り戻していく過程が“あるある”満載で描かれています。

著者さんの日常を切り取り

「私もまだまだ自信がないんだけど、いつもこんな風に考えてるよー」

と、等身大で優しく伝えてくれるエピソードがいっぱいです。

今の10代の若者ならば「死ぬまでがんばるなんてありえな~い」と思うと思います。
しかし私たちの世代(30〜50代)は「がんばること」への価値観の変遷期にいます。

私もモーレツ社員からフリーランスとなり著者さんと同じような道を辿ってきているので、たくさんの言葉が染みました。

上司からもらった言葉

毎日徹夜で10円ハゲまで作ってしまった上司から著者さんがもらった言葉。

「だから竹内さんは、絶対そんなふうになるまで働いちゃダメだよ」

これを読んで、ああ時代は優しい方に向かっているな、と感じました。

その一方、好きなマンガ家になった自分について「「好き」は呪い(笑)」と書かれていたのも、面白く、印象的でした。

「私、がんばれていない」と自分を責めてしまう人にぜひ読んでもらいたい本。
全編ライトタッチなマンガだから、がんばらなくても読めますよ!

かとちゃんは、メンタル本大賞を応援しています(^ω^)
☆「メンタル本大賞」読者投票受付中!8/31まで

出典:加藤隆行さまFacebook投稿(2021年7月29日)

評者プロフィール

メンタル本大賞2021 ノミネート作品著者
加藤隆行(かとう・たかゆき)

1971年生まれ。愛知県名古屋市出身。
福井大学大学院工学研究科卒業後、SE としてNTTに入社。インターネット黎明期よりOCNなど関連サービスの企画開発に携わる。激務の中、30 歳のとき体調が激烈に悪化。3 度の休職と入退院を繰り返し、しだいに自身のココロと向き合うようになる。
2015 年に退職し、心理カウンセラーとして独立。「自分自身と仲直りして優雅に生きる」をコンセプトに、全国でカウンセリングやセミナーを開催している。

これまでの著書に『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』『「また怒ってしまった」と悔いてきた僕が無敵になった理由』(ともに小学館クリエイティブ)があり、第3弾となる今作は、過去2作で解説した理論をより具体的かつ実用的な内容に落とし込んだ“実践編”となる。

「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本
加藤隆行 著
小学館クリエイティブ
2021年4月発売

公式サイト・SNS
ブログ

メンタル本大賞実行委員会によるインタビュー
著者の加藤隆行さん、編集者の寺澤薫さん(本作品を担当:小学館クリエイティブ)と酒井徹さん(過去2作品を担当:同)にお話をうかがいました!

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。