書評

【書評】『弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉』(評者:加藤隆行/心理カウンセラー)

加藤隆行さま(心理カウンセラー)より、ノミネート作品の書評をお届けします!
(書評一覧はこちら

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉
鈴木颯人 著
三五館シンシャ
2019年3月発売

<メンタル本大賞実行委員会より>
加藤隆行さまは、「メンタル本大賞2021」ノミネート作品『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』(小学館クリエイティブ)の著者ですが、このたび実行委員会の活動にご賛同いただき、書評を寄稿いただけることとなりました。心よりお礼申し上げます。

※加藤さまは、ノミネート作品の選考には携わりません。

書評

「疲れた心が楽になる本」を選出する【メンタル本大賞 2021】のノミネート作品から読みたいものをピックアップして感想を述べます。

【目標達成よりも大切なもの】

この本は、一流のアスリート・レジェンドたちのコトバから、「本当の人生の成功」へと導いてくれる本です。

でも実は、最初にタイトルを見た時には、正直「読みたくないかも」と感じました。

これまで私は、弱くて不安で劣等感だらけの自分を改善するため、スポーツコーチや指導者の書いた本もたくさん手にとってきました。

しかしそれらの本は、一時的にテンションを上げてくれる言葉たちが並びながらも、結局は「根性論・精神論」つまり「がんばり続けろ」「強くなれ」に終始するものが多く、私の「心の苦しさ」は解決しないどころか余計シンドくなってしまうものが多かったからです。

だからこの本もそんな一冊なのではと思いました。

しかし、それは全くの杞憂でした。

「弱い等身大の自分」を認めた先に得られるもの

著者の鈴木さんは、多くのアスリートたちの言葉を引用しながら、こう伝え続けます。

「不安でいい、弱くていい」
「自分の弱さを直視できる人こそ勇気のある人」
「ネガティブを受け入れること」
「マイナス感情が伝えてくれるメッセージを受け取ること」
「他者と競争をしないこと。自分の成長に注目すること」
「そして自身の学びを利他へとつなげていくこと」

がむしゃらに強さを求めるのではなく、「弱い等身大の自分」を認めた時にはじめて本当の強さや器を手に入れることができる。

そうやってコツコツ作った自分の土台の上に、「笑顔」や「感謝」や「適切な負荷」「正しいがんばり」を積み上げていくことが大切だということが丁寧に書かれています。

「本当に幸せになってほしい」という著者の願い

この本によれば、NBAやNFLの選手の大半が引退後に自己破産し身を持ち崩すそうです。
またメダルを取った選手たちが、うつ病を患らい、時に命を絶ってしまうことも多々ある。

そんなスポーツの現状を間近で観てきたトップコーチの鈴木さんだからこそ「本当の強さ」ってなんだろう、と考えに考え抜いた結果がこの本に集約されているのだと思います。

あとがきにこう書かれています。

現在、「結果を出す」と銘打たれたメソッドは星の数ほど増えました。
それでも、悩みを持つ人、結果を出したあとで苦しむ人が減らないのはなぜなのでしょうか?
私たちは、結果を出すこと以上に大切なことが何であるかを考えなければなりません。
それは成長の過程に注目することであり、他人の利益を考えることであり、競技そして人生そのものを楽しむことです。

出典:『弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉』鈴木颯人 著、三五館シンシャ(p187)

この本を読むと、多くの方がイメージする一流のアスリートの考え方と、その実際の違いに驚かされると思います。

遠くに感じる一流選手たちが、自分と同じ人間だと感じられ、その高みにたどり着くには「人としてどうあるべきか」が大切なのかがよくわかります。

この本はアスリートたちの名言集でもありますが、好きなところから読むのではなく、ぜひ第一章から順番にお読みください。

読者に「本当に幸せになってほしい」という想いが行間から感じられ、読みながら著者鈴木さんの声が実際に聞こえてくるほどの熱量を感じる、すばらしい本でした。

かとちゃんは、メンタル本大賞を応援しています(^ω^)
☆「メンタル本大賞」読者投票受付中!8/31まで

出典:加藤隆行さまFacebook投稿(2021年8月6日)

評者プロフィール

メンタル本大賞2021 ノミネート作品著者
加藤隆行(かとう・たかゆき)

1971年生まれ。愛知県名古屋市出身。
福井大学大学院工学研究科卒業後、SE としてNTTに入社。インターネット黎明期よりOCNなど関連サービスの企画開発に携わる。激務の中、30 歳のとき体調が激烈に悪化。3 度の休職と入退院を繰り返し、しだいに自身のココロと向き合うようになる。
2015 年に退職し、心理カウンセラーとして独立。「自分自身と仲直りして優雅に生きる」をコンセプトに、全国でカウンセリングやセミナーを開催している。

これまでの著書に『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由』『「また怒ってしまった」と悔いてきた僕が無敵になった理由』(ともに小学館クリエイティブ)があり、第3弾となる今作は、過去2作で解説した理論をより具体的かつ実用的な内容に落とし込んだ“実践編”となる。

「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本
加藤隆行 著
小学館クリエイティブ
2021年4月発売

公式サイト・SNS
ブログ

メンタル本大賞実行委員会によるインタビュー
著者の加藤隆行さん、編集者の寺澤薫さん(本作品を担当:小学館クリエイティブ)と酒井徹さん(過去2作品を担当:同)にお話をうかがいました!

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。