ノミネート作品

『生き辛いOLですが自己肯定感を高めたら生きるのがラクになりました。』(メンタル本大賞2021 ノミネートNo.14)

メンタル本大賞2021
ノミネート作品 No.14

生き辛いOLですが自己肯定感を高めたら生きるのがラクになりました。
あかり*生き辛いOL 著/中島輝 監修
SBクリエイティブ
2020年8月発売
判型・ページ数 四六判/256頁
著者の職業 会社員
着眼点 自己肯定感/著者の職業

実行委員会コメント

【メンタル本大賞2021】ノミネート選出コメント

著者は、うつ病に悩まされて休職した経験のある会社員。
闘病中に読み漁った心理学の本の内容を実践して復職。
その経験や自己肯定感を高める方法を自ら描く漫画を用いて、解説している。
誰しもが経験しそうな職場での悩みやストレスの事例が描かれているので、シチュエーションをイメージしやすい。
ページ数は少し多めだが、漫画と文章は半々くらいなので読みやすい。
具体的な解決策のバリエーションが多く、実践的な内容。
性別・年齢問わず、「自分が嫌い」と思っている、自己肯定感が低くて疲れてしまった人にオススメの作品。

【メンタル本大賞 2021】ノミネート作品一覧

作品紹介コンテンツ

インタビュー

書評

内容図解

読者コメント

【メンタル本大賞2021】読者投票コメント

著者が会社員の女性なのと、同じうつ病で苦しんだ様子が漫画で描かれていて大変共感できました。読みやすく内容も濃いので、買って損しない本だと思います。(なおこさん)

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。