2022ノミネート

『つよつよメンタルで人生は思い通り』(メンタル本大賞2022 ノミネート作品)

メンタル本大賞2022概要はこちら

ノミネート作品紹介

「メンタル本大賞2022」ノミネート作品一覧

つよつよメンタルで人生は思い通り
三木未希 著
KADOKAWA
2021年10月発売

著者コメント


このたびは目に留めていただいてありがとうございます。

「メンタル本を必要としない世の中になって欲しい」というメンタル本大賞の願いと同じく、この本は誰でもつよつよメンタルになれる方法を伝えたくて書いた本です。
決して意識高い系の人だけに向けた本ではありません。

「これは肩の力を抜くことができるための技術だね」と言ってくれた読者の方がいました。
肩の力を抜いて、自分に素直になり、そして自由になる。
もしかするとそれは自信や優しさなのかもしれません。
そういう「つよつよ人」が増えたら、きっとみんなが生きやすい世の中になると信じています。

私はお医者さんじゃないのであなたの心を「治す」ことはできません。
この本は、たとえば1杯のカフェのように、あなたが少しがんばってみようかなと思えるための力になったり、またそういう時にどうするかを自分で整理できるように作っています。

手にとってくださったなら、どうかざっと通して最後まで読んでみてください。
そして「できること」から試してみていただきたいなと思います。

この本を読んでくださった方が、まわりの人にとっての勇気になれば、こんなに幸せなことはありません。
また、私もそうありたいと常に自分自身に願っています。

三木未希

出版社コメント


この本は、特別な誰かに向けての本ではなく、自分に合った方法を探して、それを使って確実に「つよつよメンタル」になっていくための本です。

今の20~40代の方は、自分をより良くしたいという意識が高い反面、「メンタルが弱いから」「繊細だから」が口癖のようになっていて動き出せない…という方が多いように思います。

そういった方に向けて、なりたい自分になる方法が具体的、かつ実践的な考え方で掲載されています。

今よりもちょっとだけ「つよつよメンタル」になって、「できないと信じている」ことを「できると信じて」進み始めたら、世界が変わる。そういった経験を、本著を通じて読者に感じていただけたらと思っています。

編集担当:松谷明子(KADOKAWA)

* この作品は出版社エントリー作品です。
出版社サイトはこちら

こちらの作品もいかがですか?

『しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方』

しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方
きい 著/ゆうきゆう 監修
KADOKAWA
2020年3月発売

「メンタル本大賞2021」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『がんばらないことをがんばるって決めた。』

がんばらないことをがんばるって決めた。
考えるOL 著/おさつ イラスト
KADOKAWA
2021年11月発売

「メンタル本大賞2022」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『がんばらなくても死なない』

がんばらなくても死なない
竹内絢香 著
KADOKAWA
2020年7月発売

「メンタル本大賞2021」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。