川本義巳

【メンタル本大賞2021】選考委員審査コメント(川本義巳/公認心理師&メンタルコーチ)

選考委員 川本義巳さま(公認心理師&メンタルコーチ)による「メンタル本大賞2021」ノミネート作品の審査結果をお知らせいたします。

「大賞」作品は、メンタルヘルスの専門家である選考委員の審査(各選考委員がノミネート作品の中から3作品を選定して評価ポイントを集計)により決定します(選考方法の詳細はこちら)。

審査結果・作品別コメント

1位 30 pt 多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
Jam 著/名越康文 監修
サンクチュアリ出版
2位 20 pt しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方
きい 著/ゆうきゆう 監修
KADOKAWA
3位 10 pt 弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉
鈴木颯人 著
三五館シンシャ

30pt:『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
Jam 著/名越康文 監修
サンクチュアリ出版
2018年7月発売

評価ポイント

  • 見開き1ページで完結する
  • どこから読んでもいいし、全部読まなくてもいい
  • イラストと書き方がやわらかい

評価理由

しんどい時に最後まで読まなきゃいけない本はハードルが高く、読む側にとって余計にしんどくなると思います。この本は手持無沙汰の時にも、ぱっと手に取って読むことが出来る点が良いと思います。どこから読んでも、全部読まなくても、必要なところだけを読めるというのは、しんどい人によって重要かなと思います。

イラストも書き方も柔らかいので読みやすいのも良いですね。
手元に置いておきたい本で、自分のクライアントさんにも勧めている本です。

詳しい作品紹介はこちら
ノミネート選出コメント・インタビュー・書評・内容図解・読者コメントなど

20pt:『しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方』

しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方
きい 著/ゆうきゆう 監修
KADOKAWA
2020年3月発売

評価ポイント

  • 見開きで読みやすい
  • 本の編集が素晴らしい
  • 読むポイントがわかりやすい

評価理由

この本は編集者さんに拍手を送りたいと思います。
見開きページ左側に参照ページを設けたことで、参照ページをまた読み理解を深めることができるよう工夫されています。その点が今までの本になかった新しい手法だなと感じました。長く楽しみながら読める本ですね。

蛍光マーカーのような線が引いてあったり、読むポイントに目がいきやすく、わかりやすいのも良いと思いました。

メンタル不全の方も共感することが多いんじゃないかなと思いました。

詳しい作品紹介はこちら
ノミネート選出コメント・インタビュー・書評・内容図解・読者コメントなど

10pt:『弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉』

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉
鈴木颯人 著
三五館シンシャ
2019年3月発売

評価ポイント

  • 開いたところから読み始めても理解ができる
  • 言葉の力っていいなと思わせてくれる
  • トップアスリートも自分と同じなんだと思わせてくれる

評価理由

アスリートも私達と一緒で辛くしんどい思いをしている。ただ、アスリートはその出来事の捉え方を変えたり、活かし方を工夫することで乗り越えている。
そういうことが分かる一冊だと思います。

アスリートの名言が多数掲載されているので、文字を読むのがしんどい時は、アスリートの言葉から元気をもらうという読み方が出来る点が良いなと思いました。

僕自身もしんどい時に文字が読めずに、名言からパワーをもらった経験があるので、現在しんどい思いをしている方にも届くのではないかと思いました。

詳しい作品紹介はこちら
ノミネート選出コメント・インタビュー・書評・内容図解・読者コメントなど

総評

自分がメンタル不全だったときのことを思い出しながら選出しました。
自分のクライアントさんも同じく、ページ数が多く長い本や重い内容の本はしんどくなるとの意見もありました。そのことから、今回は文章が短く、最初から最後まで読まないと理解できない本ではなく、途中少し読むだけでも理解できるような本を選びました。

特に鬱やメンタル疾患の人ってなかなか外に出たり、人に相談できません。
じゃあ、どうやって自分が闇から抜けるのかっていうと、「調べる」か「自分から動く」かのどちらだと思います。

そういった時に、何が一番いいかというと、時間に囚われない媒体が良いと思います。
パッと手にとって、必要なところだけをパッと読める「本」は一番良い媒体だと思います。

メンタル本大賞の取組みはとても良い企画だと思いますし、この企画に参加できて本当に良かったと思います。ありがとうございます。

川本義巳さま(公認心理師&メンタルコーチ)
幸せに生きる技術を学ぶ・体験する
講演・セミナー情報

選考委員プロフィール

メンタル本大賞 選考委員
川本義巳(かわもと・よしみ)

三重県松阪市生まれ津市在住。
うつ専門メンタルコーチ/公認心理師/一般社団法人エフェクティブコーチング協会代表理事。高校卒業後、SEとして20年以上メーカーに勤務。大手IT企業への転職を機にうつ病を発症、寝たきり状態になり、1年2か月の休職を余儀なくされる。2007年コーチングに出合い、うつ病を完全克服。それを機にうつ専門のプロコーチになることを決意。コーチング、NLP、アドラー心理学、エリクソン催眠を学び、それらを応用したメソッドを開発し、2010年個人コーチングを開始。自治体や上場企業でのメンタルヘルス研修講師や精神科クリニック、児童相談所、教育委員会での相談業務等でも経験を積み、10年間で1万件以上の相談、指導を行っている。

1日3分でうつをやめる。
川本義巳 著
扶桑社
2019年10月発売

公式サイト・SNS
公式サイト
公式ブログ
フェイスブック

川本義巳さまからのメンタル本大賞へのメッセージ・推薦作品はこちら
(書評一覧はこちら

当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。