エントリー作品

『“寝る前に5分”読むだけで「不安」がスーッと消え去る本』メンタル本大賞2022(1次エントリー作品)

メンタル本大賞2022概要はこちら

エントリー作品紹介

「メンタル本大賞2022」エントリー作品一覧

“寝る前に5分”読むだけで「不安」がスーッと消え去る本
弥永英晃 著
大和出版
2020年10月発売
分類 読みもの(解説+7つの短編小説)
判型・ページ数 四六判/176頁
著者 心理カウンセラー、カウンセリング学博士、作家、看護師/うつ・パニック障害を経験
着眼点 脳科学・心理学を用いた小説、催眠療法

実行委員会コメント

<実行委員会コメント>

催眠療法の専門家であり、絵本作家でもある著者による、脳科学・心理学を用いた短編小説集。

冒頭の約30ページは、読むことで不安が解消する理論や技法についての説明だが、難解な専門用語は使われておらず、短めの文章でわかりやすく解説されている。

ほっこりとおだやかな気持ちになれる、まるで絵本の世界のような7つの小説は、各々5分ほどでさらっと読めるボリューム感なので、寝る前に気軽に読める。

張られている伏線に気づくと、読むたびに創造力がかきたてられ、ストーリーに引き込まれる。

実行委員会、著者 弥永英晃による作品紹介(PART8)

著者は実行委員会のメンバー。エントリーの背景については、こちらをご参考いただければ幸いです。

出版社コメント


「失敗してしまうかも」→「私にはできそうもない」
「嫌われているかも」→「あの人とうまくいくわけがない」
というように、心に巣くう「不安」が自己肯定感を下げてしまいます。

その解消のために、考え方をポジティブに変えようと努めても、そううまくはいかないもの。
そこで、「本を読むだけで、不安がなくなる」という魔法のような本を作りました。

これまで頑張って自分を変えようとしてきた人におススメです。
短い物語が7本収録されているだけなのですが、効果抜群。感謝の声、喜びの声をいただいています。出してほんとうによかったと思える1冊です。

* 出版社サイトはこちら

作品紹介コンテンツ

書評


書評:平光源さま(精神科医)

こちらの作品もいかがですか?

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
Jam 著/名越康文 監修
サンクチュアリ出版
2018年7月発売

「メンタル本大賞2021」【大賞】受賞作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方』

しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方
きい 著/ゆうきゆう 監修
KADOKAWA
2020年3月発売

「メンタル本大賞2021」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させいただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。