エントリー作品

『もしあと1年で人生が終わるとしたら?』メンタル本大賞2022(1次エントリー作品)

メンタル本大賞2022概要はこちら

エントリー作品紹介

「メンタル本大賞2022」エントリー作品一覧

もしあと1年で人生が終わるとしたら?
小澤竹俊 著
アスコム
2021年3月発売
分類 読みもの
判型・ページ数 A5変型判/176頁
著者 終末期医療に携わる医師
着眼点 終末期患者のエピソード、人生の振り返り、病気でない人にも通じる存在価値

実行委員会コメント

<実行委員会コメント>

タイトルから「与えられた時間を大切に過ごしなさい」という説教じみた内容を想像してしまうかもしれないが、本作品が発するメッセージは「自分はここに存在していい」「何もできない自分でもこれでよい」というやさしいもの。

死を目前にして人生を振り返ると、後悔の気持ちは少しずつ整理されて、大半の人が「良い人生だった」「自分なりに頑張った」という想いを抱えて最後を迎えられるそう。

この変化は、見つめるものが過去か現在かの違いはあれど、どんな自分でも受け入れる「自己肯定感」が芽生えるプロセスに似ていると思う。

しんどい・生きづらいと感じている人が自分を見つめなおすヒントとなる1冊。

出版社コメント


<もしあと1年で人生が終わるとしたら?>
コロナ禍により、多くの人が苦しみやつらさを抱えています。
いつ自分や家族が感染してもおかしくない。
先が見えず、いつ収束するのかわからない。
命そのものに向き合わなければならない日が続き、経済的に困っている人もいます。
そんな中、ホスピスの現場で限られた命の人を支えてきた小澤先生なら、私たちにどんなアドバイスをくれるだろうか。

そう考えたのが本書の出発点です。

これまで、何千人もの人を看取ってきた小澤先生は、「誰もが死を前にして、本当に大切なものを見つける」とおっしゃっています。

お金や地位ではない、自分自身にとって、人生にとって、本当に大切なもの。
それを「死を前にした時」ではなく、今から見つけることができれば、この苦しい時代でも生きやすくなるのではないか。

『もしあと1年で人生が終わるとしたら』という問いは、そうした思いから生まれました。

もしあと1年なら――。

・あなたは誰のことを思い浮かべますか?
・あなたは何を考えますか?

この問いを通じて、一人でも多くの人に「本当に大切なもの」を見つけ、幸せに生きてほしい。

本書には、そんな小澤先生の思いが詰まっています。

作品紹介コンテンツ

書評


書評:きょうさま(製薬会社 主任研究者)


書評:寺田真理子さま(日本読書療法学会会長)

こちらの作品もいかがですか?

『今日こそ自分を甘やかす』

今日こそ自分を甘やかす
根本裕幸 著
大和書房
2021年12月発売

「メンタル本大賞2022」エントリー作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『毎日みるだけ! 自己肯定感365日BOOK』

毎日みるだけ! 自己肯定感365日BOOK
中島輝 著
SBクリエイティブ
2021年11月発売

「メンタル本大賞2022」エントリー作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『「自己肯定感低めの人」のための本』

「自己肯定感低めの人」のための本
山根洋士 著
アスコム
2020年9月

「メンタル本大賞2021」【優秀賞】受賞作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させいただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。