2022ノミネート

『発達障害サバイバルガイド』(メンタル本大賞2022 ノミネート作品)

メンタル本大賞2022概要はこちら

ノミネート作品紹介

「メンタル本大賞2022」ノミネート作品一覧

発達障害サバイバルガイド
借金玉 著
ダイヤモンド社
2020年7月発売
分類 ノウハウ・ハック集(46個)
判型・ページ数 四六判/320頁
著者 不動産営業、ライター・作家業/発達障害、双極性障害、起業するも破綻して2000万円の借金
着眼点 発達障害かどうかに関わらず役立つ暮らし・生きかたのコツ

実行委員会コメント

<実行委員会コメント>

インパクトのあるタイトル、「発達障害者の困りごとを全て網羅」というコピーから「発達障害ではない人に届きにくいのではないか」との想いからエントリー。

しんどい、生きづらいと感じている人は、以前やれていた「あたりまえ」のことができなくなりがち。
生活環境・お金・習慣・食事・休息などの「やったほうがいいこと」の46個のハックは発達障害ではない人にもヒントとなる。

一方で、何もできないほどつらいときは「何もするな、この本も読むな」などのメッセージもあり、当事者目線で読者の幸せを願う著者のやさしさが感じられる1冊。

出版社コメント


タイトルは『発達障害サバイバルガイド』ですが、この本の裏テーマは「生きる」。
目標が仕事ができるようになるとか、成功するとかではない、「世界一意識が低い自己啓発書」です。
発達障害の診断を受けていない方にも、かなり役立つ内容になったと自負しています。

特に「メンタル本大賞」のテーマに直結するのは、
CHAPTER7の「休息」そしてHAPTER8の「うつ」の章です。

ここには

・「頑張る」は惰性、「休む」は意志の賜物
・「死ねばいいや」の麻薬に頼らない
・本当のあなたを「ハックするな」

など、借金玉さんがご自身の「どん底経験」から導き出した、名言とも言える言葉が並んでいます。

そして、”本当に辛いときは、この本を読まないで” というこれ以上ないくらい優しいメッセージも込められています。

人生がイケイケの方は読まなくていい本ですが、

「最近ちょっと、メンタルが弱ってるな」
「しんどいな」

と感じたときのために、本棚に置いていただけるとうれしいです。

編集担当(ダイヤモンド社)
出版社サイトはこちら

作品紹介コンテンツ

書評

河合南さま(書店店主)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:河合南)

寺田真理子さま(日本読書療法学会会長)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:寺田真理子)

實山美穂さま(書店員)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:實山美穂)

平光源さま(精神科医)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:平光源)

きょうさま(製薬会社 主任研究者)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:きょう)

川本義巳さま(公認心理師&メンタルコーチ)


【書評】『発達障害サバイバルガイド』(評者:川本義巳)

こちらの作品もいかがですか?

『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑
F太、小鳥遊(共著)
サンクチュアリ出版
2020年4月発売

「メンタル本大賞2022」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

『生きづらいがラクになるゆるメンタル練習帳』

生きづらいがラクになるゆるメンタル練習帳
バク@精神科医 著
ダイヤモンド社
2021年8月発売

「メンタル本大賞2022」ノミネート作品
詳しい作品紹介・実行委員会コメントはこちら

書影は版元ドットコム様サイトに掲載されております画像を指定ルールに則って利用させていただいております。版元ドットコム様サイトに掲載されていない作品については、事前に出版社様の了承を得て掲載しております。

このページがお役に立ちましたら
上のハートマークを押してください。
当サイトは、日常生活において「しんどい」「生きづらい」と感じている方向けに【心が楽になる】書籍のご紹介を目指しておりますが、お読みになる方の悩みや状況の改善をお約束するものではございません。ご自身の責任においてご利用ください。
プライバシーポリシー・免責事項

こころの病気は誰にでも起こります。
不調やストレス症状が長く続いたり、日常生活に支障が出ている場合は、早めに医療機関やカウンセラーに相談してください。

相談できるところはたくさんあります。
厚生労働省|みんなのメンタルヘルスには、相談窓口や医療機関についての情報が掲載されていますのでご参考ください。